メニュー
■スポーツ遺伝子テストとは?
人はそれぞれ、体質や筋肉の割合が違います。
自分が生まれながらに持っている筋肉・持久力・省エネルギーなどの特性を調べるのが「スポーツ遺伝子テスト」です。
得意なスポーツの種類を知ることは、これからスポーツを始める人・種目を選択する人にとって、とても重要です。
パワー・スプリント系のスポーツ向きか?持久力系のスポーツの素質があるか?さらにエネルギー効率の良いタイプを調べることが出来ます。
■「瞬発力系」か「持久力系」かを解析
■「運動効率」かを解析
■「全身持久力」かを解析
■スポーツ遺伝子で何を知ることができるの?
筋肉が速筋派・遅筋派であるかを知ることができます。
タイプ
■3種類のスポーツ遺伝子を検査
ACTN3遺伝子、ACE遺伝子、UCP2遺伝子の3種類の遺伝子を調べ、この遺伝子を組み合わせることで、どの様なタイプの運動に適しているのかを分析します。
●ACTN3遺伝子とはー
筋肉の構造を決める遺伝子です。
この遺伝子が分かることで、「瞬発力タイプ」か「持久力タイプ」かを、知ることができます。
RRタイプ
速筋(白)の割合が高く、瞬発力が高いタイプです。
瞬発力の運動に適しています。
スプリント系短距離種目(陸上、水泳、スケート、自転車競技) 柔道、相撲など
RXタイプ
速筋(白)も遅筋(赤)の割合も中間的でバランスのとれた運動万能タイプです。
瞬発力、持久力、球技種目などスポーツ全般的に適しています。
中距離種目(陸上、水泳など) 球技種目(サッカー、野球、バレーボール、バスケットなど)
XXタイプ
遅筋(赤)の割合が高く、持久力が高いタイプです。
持久力の運動に適しています。
長距離種目(マラソン、水泳、自転車競技、トライアスロンなど)
●ACE遺伝子とはー
全身の持久力に関係する遺伝子です。
持久力系の競技の中で、どの程度の距離幅が適しているタイプなのかをを知る事ができます。
筋繊維タイプの割合
最大酸素摂取能力
●UPC2遺伝子とはー
体の運動効率に関係する遺伝子です。
体にあるエネルギーをどれほど効率良く消費して、運動が出来るかがわかります。
運動効率
太りやすい体質
■遺伝子レベルの分析で自分の可能性を広げることが可能!
個性を見つけ伸ばす
自分の特性を活かす
効率よく運動管理が可能
太りやすい体質?遺伝子テストでチェックができる!
体質を知ることがダイエットの早道です。
それは遺伝子のせいかもしれません!
UPC2遺伝子を知ることで自分自身の遺伝子が持つ傾向を知ることが、ダイエットをより効果的に行うことが可能になります。
VVタイプ
エネルギー消費効率が良い。
運動時にエネルギー消費が少なくて済みますが太りやすい傾向にあります。ロード・レースなど持久力系種目のスポーツで持続的な運動が効果的です。
AAタイプ
エネルギー消費効率が悪い。
運動時にエネルギー消費が大きいので太りにくい傾向があります。瞬発力が必要とされるスポーツが適しています。
VAタイプ
エネルギー効率は中間レベル。
バランスがとれている状態ですが、カロリーコントロールは怠らないでおきましょう。
メディカルネットサービス・スポーツ株式会社
〒802-0077
福岡県北九州市小倉北区馬借1丁目1-2
TEL : 093-513-5931
ページトップへ